ワリトイロイロ

DIY、絵、洋裁などなど ワリトイロイロやってる日々

【DIY】男の浪漫部屋 改造その1【自作巨大本棚】

さあやりますよ

f:id:kokiyu666:20180407141516j:plain

やっとこさ手を付けました、旦那部屋です

百合本とトイガンの宝庫です。

まずは百合本のみ廊下へ運び出します。え・・・どんだけあるのこれ

f:id:kokiyu666:20180529205152j:plain 

わかりにくいですが右側の本の塊がありますよね、

これがあと5塊あると思ってください

二階のトイレのドア完全封鎖されました。うんこしたいときは一階に降りないと・・・

 

さて次はトイガンです。

大事なものなので私と子供の寝室のベッドに並べました。 

f:id:kokiyu666:20180529205232j:plain 

完全に悪いことした人の押収された武器

しかも並べきれませんでした&写真に入りきれませんでした。

長物(ライフル)は20丁くらい別んとこにあります。

数的にはこのベッドに並んだ倍存在すると思ってください★

 

さあ銃があるなら同数の箱があるんでございます

どこに・・・どこに運び出せば

  

仕方ないので洗面所を占領 

f:id:kokiyu666:20180529205308j:plain 

銃がなくなったベッドサイドのラック こんな形をしていたよ

f:id:kokiyu666:20180529205510j:plain
f:id:kokiyu666:20180529205431j:plain

(奥のこげ茶の本棚(既製品)に残っているのは百合ではない本です)

 

今回はこのベッドサイドのガンラックの木材と簡易本棚の木材を使って

「百合専用本棚」と「すべての銃が収まる場所」に作り替えます

 

が、その前に

「ねえこれもういい、っていう本とかない?」

「〇〇と〇〇は売ってくるよー」

「百合本ってこれ全部必要なやつ?」

全部必要なやつ

 

実は前回の片づけの時に、

自らの意思で「この本はもういいかな」って本を手放している旦那さん。

ナルトとワンピが百合本に負けるとか・・・まじかよ・・・

 

さて今回は部屋のレイアウトをこんなふうに変更します

f:id:kokiyu666:20180529224707j:plain

  

本棚に少量の本が入ったまま移動~なぜならめんどくさいから~

f:id:kokiyu666:20180529205920j:plainf:id:kokiyu666:20180529205953j:plain

あー猫が邪魔をしてきますwお前の遊び場じゃないんだよお

 

木材の本棚を解体して、材料に戻しまーす

f:id:kokiyu666:20180407142524j:plain

この本棚は約182センチの2×4材をそのまんま組んだだけのもの。

一般的な厚さの単行本なら約150冊入ります。

大型本棚をとりあえずささっと作りたい方にはおすすめですが、

 

背の高い本棚を自作する場合は強度と倒れるのを防ぐために

可能ならコの字型で組んで、別の家具に固定するか、壁に固定するか、

転倒防止のツッパリ(天井部分)の使用をしてください。

個人的に天井ツッパリはこれくらい容量のでかい本棚になると、

怖いのであまりおすすめはしません。(コの字型に組む+αとしてはアリ)

あと天井の状態によっては十分にツッパリできなかったり、

天井に跡が残ったり、壁紙に亀裂が入ったりするので賃貸ではどうかなあ

美観と強度を考えると壁固定が一番美しいです。

まあうち賃貸なんでしませんけど!

今回の自作本棚は「コの字型」のデザインで行きます  

移動した既製品の本棚の位置が確定したら、作る本棚のサイズを計測します。

まずは棚板になる木材のサイズ計測から~

f:id:kokiyu666:20180529210158j:plain

はいこんなもんですかね。ええ雑ですよ

中の棚板はこのサイズから2×4材2本分の厚みを引いたサイズになるので

左側に2本立ててから図りました。この大きさで裁断しまーす

 f:id:kokiyu666:20180529210425j:plain

ぎこぎこ。今回も右腕が太くなっちゃいそうだぞぉ

はい、ジャストサイズですね!↓

 f:id:kokiyu666:20180529210525j:plain

次は最上部の横板、これは壁から既成本棚までの長さで裁断。

2本分の厚みが、本の奥行にいいかんじなので、それぞれ2本ずつ作成します。

 

柱は、こういう金具で連結↓ 

f:id:kokiyu666:20180529210639j:plain
f:id:kokiyu666:20180529210728j:plain

 上部は上からねじ打ち込んでます 縦の柱のゆがみ防止のために上から。

壁と既存の本棚に挟まれた形なので、横からの力はあるしね。

(注:素人の勝手な考えでの強度考察なので専門知識とかじゃありません)

最初に切断した2×4材の棚板部分は、最下段部分で固定しました。

 

はい、枠ができたから、はめこんでみるよ~  すぽっ 

f:id:kokiyu666:20180529210827j:plain
f:id:kokiyu666:20180529210917j:plain

うーん・・・いい・・・ 

DIYやってて一番楽しいのはぴったりに作れることだよねえ

後々不要になったら解体できるし。

 

他の棚板は1×4材があるからそれを使います

棚板は、さっきの横板のサイズより5ミリか1センチ程度小さめに裁断します

なぜならねじ打ち込んだときに、

木材そのもののゆがみのせいもあって、内寸サイズが若干変わってるから

 

だから棚板部分は、

「枠組みが出来上がってから再度計測して、そのサイズより5ミリくらい小さく切る」

ほうが二度手間にならなくていいです。(二度手間になった人がいいます!)

 

実際、今回の木材は結構なゆがみ具合だったのでひっどいもんでしたw

そもそもそんなまっすぐな木材があーんな安い値段で売ってるわけないしねえ

 

 

棚板はL字金具とかでもいいんですけど、コスト削減のため2×4材の端材使います

これだけの横幅が一枚の板に乗るわけで、

かなりの重量になるから、厚みがあるので強度考えても結構いいですよ。

その代わり棚の「高さ」が出て、無駄な空間ができるので

それが嫌な場合はL字金具のほうがきれいです。

 

棚の奥行に合わせたちっこい2×4材を作って、

お持ちの本に合わせた高さで止めていきます。

 

f:id:kokiyu666:20180529211104j:plain
f:id:kokiyu666:20180529211157j:plain

 

百合本は「ワイド版」サイズが多かったのと、

本に使われている紙質がいいので一冊あたりが重いから

無駄な空間は出ちゃうけど、

重量考えたら端材の棚受けのほうが、かえっていいかもしれないですね。

 f:id:kokiyu666:20180529211223j:plain

できたできた!

さあ本を戻してみよう! 

 百合本を廊下から運んでいきます

往復でふくらはぎがめっちゃいたいよー(翌日筋肉痛でした)

わーこの本棚、横に130冊入るー!5段あるから650冊だー

これならもう少し増えても余裕が

f:id:kokiyu666:20180529211323j:plain
f:id:kokiyu666:20180529211351j:plain

って入りきらねえじゃねえか!

 

ええぇ・・・まだ廊下にこの倍くらい在庫あるよ?

 

うーんこうなったら

今あるガンラックに手を加えて下部分に本棚追加だねえ・・・

 それなら全部入るはず

 

と思った奥さん。甘かったです・・・

 

ということで次回は

妻(一応私)がとうとうキレます。

旦那の花園の運命やいかに!

 

 

楽しんでいただけたら幸いです(*^-^*)

 読んでくださりありがとうございます